トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の作り方 > 効果的な名刺作り

効果的な名刺作り

効果的な名刺作りの画像

名刺のセクション名は、この人はどんな専門性を持っていてどの様な話しができるのか予測するときに役立つのです。そして名刺の肩書きからこの人は決済があるかどうかもおおよそ予想できるのです。名刺はあなたや会社をアピール出来る最大の武器。工夫次第で、初対面の方と会話がはずんだり、自分の名前を覚えてもらったり、お客様を紹介してもらえたりと、ビジネスチャンスはぐっと広がるのです。一番大切なのは、あなたの業務内容が一目瞭然でわかることなのです。名刺交換する前は名刺を入れておく名刺入れが必要になっているのです。

名刺を財布入れやポケットから出すような行為は、名刺を粗末に扱っている印象を与えるようですので、黒や紺色の名刺入れから出せるようにしてください。誰が見てもあなたができることが理解できるように作るようにしましょう。年配の方でも読みやすいように、文字の大きさに注意することも必要なのです。名刺は、パソコンとプリンタがあれば基本的に自分で作成することができるのです。まずは、名刺専用の用紙を購入するようにしましょう。名刺交換する時は自分から名乗って、挨拶することが基本となっているのです。

マナーでは目下の人や訪問してきた人が先に差し出します。そして名刺交換するときは必ず立って、相手が読めるように名刺を右手で持ち、左手は軽く添えながら差し出すのです。用紙に付属しているフリーソフトやインターネットから無料でダウンロードできるテンプレートを使って作ると意外と簡単にできちゃうのです。自分で名刺を作成することのメリットは、なんと言ってもデザイン、形状、文章などが自由に決められること1枚ずつデザインを変えるなど、好きな枚数だけ作成することもできるのです。

名刺交換の方法は先ほどと変わりませんが、誰から名刺を差し出したらいいのかがポイントになってくるようです。自分の上司や先輩がいる場合は、上司や先輩が名刺交換してから自分も名刺交換するようにしましょう。自分で作る場合は、インク代や紙代等のランニングコストがかかることも考慮してください。ランニングコストと手間暇を考えた場合、100枚単位で大量に名刺を作りたい場合には、名刺屋さんや印刷屋さんに頼んだほうが安い場合もあるようですので、どちらにするかよく考えた方が無難なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺のオンラインサービス

元々、名刺印刷の代金の中には店舗の管理費用なんかも入っているようですので、実店舗を構えていないオンラインサービスの場合、多少安くなることがあるのです。稀に名前だけの名刺や、連絡先を裏面に記載した名刺を見かけるのです。これもファイルして裏面が見えなくなることを思えば、考えもの。奇抜な狙いも面白いなのですが、名刺の用途を考え、その制約の中で個性を表現するデザインを考えることをおすすめ出来るのです。もし先に目上の人に先に名刺出されてしまった場合、遅れまして申し訳ございません。と断

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。