トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の作り方 > 名刺のサイズ

名刺のサイズ

名刺のサイズの画像

できあがった名刺を取りにいかなくてもいいことなのです。何度か作りましたが、特に気になる点はなかったのです。急がないなら、なかなか便利ですので試してみるようにしましょう。このサイズは、1854年にフランスのデイステリという写真家が特許を取った写真付名刺のサイズに近くこれがルーツになったとの説が有るのです。これは胸ポケットに折らずに入れられる大きさと云う事で決められたようです。

座ったままの名刺交換は、避けたいものなのです。名刺を渡すときは、たとえ相手が座ったままでも起立して、会社名と名前を名乗りながら、両手で名刺をもって差し出すのがマナーとなっているのです。そして、このときに注意して欲しいのが名刺の向きです。必要がなかったり、その方法では連絡を取りたくないということであれば、掲載する必要はないのです。しかし、逆に掲載しておかないと怪しいと思われる場合もあるのです。信頼感を得るために、できる限り掲載することをオススメ出来るのです。

また名刺のサイズの縦横の比率は1.654でほぼ黄金比率となっているようです。ちなみに黄金比率とは縦横の比率が約1.618で、古代ギリシア、ローマ時代から使われてきた人間が美しさを感じるバランス比率のことなのです。 名刺を渡すときは、相手側から読める向きにして渡すようにしましょう。文字の向きが自分とは反対方向になるようにして渡すようです。また、会社名や名前が指で隠れないようにしてください。ちなみに名刺入れは、名刺の下にあてて名刺盆代わりに活用するようにしましょう。

名刺では名前や連絡先を伝えるだけで、それ以外の情報は会社案内やインターネットで伝えればいい、とお考えの方も多いと聞くのです。ただ、他の人の名刺を自分が受け取った後、この人はどんな仕事をしているのか、どんな業務内容の会社なのかなど、分からない、なかなか思い出せないことって多くあると思うのです。女性用の名刺サイズ49×85ミリ3号。角丸加工をするのです。欧米の名刺サイズは89×51ミリ縦横の比率は1.75なのです。クレジットカード 85.6×54ミリなど様々なサイズがあるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 目的に応じた名刺

インターネットに関係する会社なら、あえてURLを大きく表示するのも良いと思います。名刺も多様化してきているのです。昔は白地に黒文字が圧倒的に多かったと聞きますが、近年は色彩豊かな名刺が多くなってきているのです。名刺を頂くのがとても楽しみだったりするのです。逆に、電話ではなくメールで連絡してほしいなどの希望があるなら、電話番号は小さく、メールアドレスを大きく表示しておくことで、相手を誘導することもできるのです。一番大事なことは、目的を明確にすることなのです。 基本カラーとして

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。