トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の作り方 > 目的に応じた名刺

目的に応じた名刺

目的に応じた名刺の画像

インターネットに関係する会社なら、あえてURLを大きく表示するのも良いと思います。名刺も多様化してきているのです。昔は白地に黒文字が圧倒的に多かったと聞きますが、近年は色彩豊かな名刺が多くなってきているのです。名刺を頂くのがとても楽しみだったりするのです。逆に、電話ではなくメールで連絡してほしいなどの希望があるなら、電話番号は小さく、メールアドレスを大きく表示しておくことで、相手を誘導することもできるのです。一番大事なことは、目的を明確にすることなのです。

基本カラーとしてコーポレートカラーを使用すると会社の印象付けに効果があるのです。もし作る際に可能であれば、印刷屋さんにこのコーポレートカラーがわかるものを持って行くようにしましょう。印刷するとカラーが変わってしまう場合があるので、実物を見てもらうのが一番なのです。というのは、ここでボタンのかけ違いをしてしまうとせっかく名刺を作ったとしても、的外れなものになりかねないのです。 漠然と作るのではなく、この名刺を使ってこんなことがしたいという明確な目的が必要となっているのです。

名刺の目的を考えるのと同時に、ターゲットの設定と渡す場面が大事なのです。印字品質が最重要とお考えの場合、名刺用紙を選ぶポイントは名刺用紙の表面の滑らかさで、選ぶようにしましょう。平滑であれば、平滑であるほど一般的に、印字品質はよくなるのです。例えば、異業種交流会のようなフレンドリーな場所で渡すような名刺とビジネスの場面における名刺は違うものになるかもしれないと思います。また、名刺を使い分けることも大事なことなのです。

名刺用紙の表面が、平滑であればあるほど、名刺用紙の触感・さわり心地・風合いという名刺用紙そのものの表現力は、乏しくなりがちです。名刺を複数持ってはいけないということはないようですし、むしろ場面場面に応じて会う人に応じて使う名刺を使い分けるようにしましょう。仕事以外で知り合う方とも名刺交換から人間関係が始まることが多いと思います。そのときには、会社の名刺より仕掛けを施したオリジナルのプライベート名刺のほうが興味をもたれるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺のサイズ

できあがった名刺を取りにいかなくてもいいことなのです。何度か作りましたが、特に気になる点はなかったのです。急がないなら、なかなか便利ですので試してみるようにしましょう。このサイズは、1854年にフランスのデイステリという写真家が特許を取った写真付名刺のサイズに近くこれがルーツになったとの説が有るのです。これは胸ポケットに折らずに入れられる大きさと云う事で決められたようです。 座ったままの名刺交換は、避けたいものなのです。名刺を渡すときは、たとえ相手が座ったままでも起立して

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。