トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のデザイン > 名刺のレイアウト

名刺のレイアウト

名刺のレイアウトの画像

名刺のデザインではレイアウトと共に大切なことがあるのです。それは文字の形、書体なのです。書体はフォントとも言われるのです。文字を太くすれば力強くなり更に印象がアピールされると思うのです。次にゴシック体ですが、エネルギーが感じられる書体なのです。会社の強い意志力が表現できるのです。最近では、この書体を使用されている会社が多くあるのです。名刺のデザインにおいて書体の役割は想像以上のものがあるのです。世の中には文字の書体は数え切れないくらい、たくさんあるのです。

どのような書体を名刺に使用するかによって、職種や仕事の内容などのイメージが変わってくるようですので、あなたが与えたいイメージを相手に持ってもらうような書体を選びたいものなのです。大きく分けて、文字を頭揃えにする方法と中心揃えにする方法の2種類があるのです。頭揃えの方法は規則正しい印象があるのです。又、中心揃えの場合は、動的になるようですので若々しい感じを与えるのです。一般的な名刺はこれから紹介する書体が多く使われているのですが、もし目立ちたい名刺を作りたいのでしたら、これら以外の書体を使うことによりちょっと変わった名刺を作ることができるのです。

レイアウトを選択するかは、ロゴマークや住所・電話番号などの文字ボリュームによって大きく影響されるので、全体のバランスを見て決定しなければならないと思います。書体は大きく分けて楷書体、明朝体、ゴシック体、ポップ体があるのです。名刺の用紙一杯に大きな面積を使って名前や住所を入れると、大きな文字で見やすくなるようですが、あまり大きすぎてもデザイン的に格好がつかないものなのです。

名刺全体のレイアウトがほぼ決定してから、ケイ線の追加を考えてみるようにしましょう。会社名・氏名・住所などの文字ブロックを効果的にケイ線で区切る事によって、めりはりの効いたデザインになるのです。またデザイン重視なのでしょうが、ものすごく文字を小さいくしている名刺を見かけるのです。住所など読みにくいので、あまり小さくしすぎるのも考えものだと思うのです。ヨコ罫ばかりでなくタテ罫も使い方によっては変化のある名刺になっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺のデザイン

デザインする前に、全ての情報を入力しておくのです。情報を追加しながらデザインすると、全体像がイメージしにくくなるので、先に入力してしてください。経営者の方は名刺の重要性を知っておられる方が多く、渡す相手によって名刺を使い分けている方が多いように感じるのです。名刺で一番目立たせるのは、もちろん自分の名前です。ですから自分の名前を一番大きくして太字にしておくのです。一般的な名刺のサイズは91×55ミリで、4号と呼ばれているのです。このサイズは、1854年にフランスのデイステリと

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。