トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のデザイン > 名刺の用紙

名刺の用紙

名刺の用紙の画像

相手が複数いる場合などは、並んでいる順に並べておいてもよいと思います。名刺の用紙ではサイズとともに重要なことに紙質があるのです。名刺の紙はある程度の厚みとコシが必要になっているです。コシのある紙とは、紙の端を指先ではじいた時に、バネが戻ろうとするように紙が復元しようとする力が強い紙のことなのです。名刺とは、読んで字のごとく会社や社員の名前を表すものなのです。ロゴマーク等が入ることもあるのですが、メインとなる視覚的要素は文字なのです。紙の厚みについては、年齢のめした方の方が厚い紙を好む傾向があるのです。

これは以前、名刺の紙にケント紙がよく使われていたために、必然的に紙厚が厚くなることと、薄い紙は貧弱で厚い紙のほうが高価に見えるためだと思うのです。素敵なデザインの名刺というのは、フォントの選び方や、文字の大きさ等が美しくバランスが取れているはずなのです。筆者は、このフォントの選び方ひとつで、会社のイメージが大きく変わるものと思っているのです。また、逆に厚い紙だと名刺入れに名刺が少ししか入らないために、薄い紙の名刺を好まれる方もいるのです。

これらは個々の人の好みになるのです。一般的には名刺の厚みは0.20ミリ~0.25ミリぐらいなのです。パソコンにはあらかじめ数種類のフォントがインストールされているのですが、新たにインストールすることで、使用できるフォントを増やしていくことができるのです。無料で配布されているフリーフォントや、有料のフォントもあるのです。フリーフォントなどで検索するといろいろと情報が出てくると思うのです。

名刺の紙の色も白か薄いアイボリーが一般的となっているのです。プライベート名刺やお店の名刺などは、目立つようにカラー用紙を使う事もあるのです。名刺に使用される文字の書体は、通常、明朝体とゴシック体の2種類なのです。それぞれ印象が異なり使い分けると効果的なのです。まず明朝体ですが、格調の高さを感じさせることができるのです。業務内容が信頼性や安定性を必要とされる会社などに向いていると思われるのです。変わった紙では、木の素材の紙や臭いの出る紙、透明な紙などもあるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺のルール

面倒な作業を防ぐためにも、台紙1枚にあの会社、いの会社というようにルールを決めておくのが楽になるのです。名刺をパソコンで管理すると、欲しい名前を一瞬で検索することができるのです。例えば表計算ソフトで作成する場合は、名前、業種、職種、勤務先、連絡先、住所、その人の資格、その人の特徴などの項目を作って作成するのです。名刺には、名刺を交換した日付、場所、用件、相手の特徴や印象などを簡単に記入しておけば、後日名刺をみることで、この名刺の人がどのような人だったがを思い出せると思います

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。