トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のデザイン > ビジネスの名刺

ビジネスの名刺

ビジネスの名刺の画像

人間は他人を顔で認識しているものとなっているのです。SOHOの方などは、ビジネス名刺と同じですが、会社名だけでは職種や仕事の内容などがわかりにくいので、営業内容や取扱内容などを書かれているほうが、自己紹介する時に営業内容がすぐにわかってもらえて便利になっているのです。渡す直前に右手だけで自分の名刺をもち、相手の名刺入れをもつ手の上に差し出すのです。このとき、往々にして相手もあなたと同じように右手で名刺を差し出しますので、名刺入れをもつ方の手は左手なのです。

そのほかに、メールアドレスをいれることがあるようですが、当然メールアドレスはプライベートなアドレスではなく会社のアドレスなのです。名刺はコミュニケーションのツールであり、コミュニケーショ ンは顔でするものだからこそ、似顔絵名刺は良い名刺に分類されると思うのです。それに、いまのところ似顔絵名刺はそれほどメジャー なものではないようですのでインパクトも大きいと思うのです。また携帯電話番号は、個人所有の場合が多いので会社勤めの方はあまり入れられないようです。

飲食店や洋服店など、お店の方などは個人の紹介よりお店の紹介の意味のほうが大きいので地図などを入れることもあるのです。相手の左手に名刺を差し出すようにしましょう。右手で名刺を差し出したら、左手で相手の名刺を受け取りにいくのです。名刺を受け取ったら、今度は両手で名刺をもっているようですでも、地図は名刺の場合よりもショップカードに入れる方が断然多いようです。似顔絵名刺はそれほどメジャー なものではありませんのでインパクトも大きいと思うのです。

似顔絵入りの名刺自体が珍しいので、名刺交換する際に注目されることは間違いないと思うのです。最近ではお店関係ではホームページのアドレスを入れることが非常に多くなっているのです。同時に名刺を交換する際の一般的なやり方です。はじめは慣れないかも知れないのですが、一番はじめの両手で名刺をもつというポイントができていれば、丁寧に名刺交換をおこなっているようにみえるものなのです。名刺を扱うさいには、この丁寧さがポイントとなっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の歴史

やがて西洋では、五百年前ごろから訪問時や社交界のパーティーのときなど、日常の道具として使われ始め、今日では会社員のツールとして会社名や住所・氏名などを記入してビジネスに利用されているようです。業務の内容にもよるようですが、どちらを強調するかは検討する価値があるのです。時代の流れ的には、個人名を前面に出す方向にあるのです。日本の名刺の使用量は世界一なのです。年間50億枚ともいわれ様々なデザインおよび内容で活用されているのです。この事は日本人の礼儀を重んじる習慣や、形式美を重要

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。