トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のデザイン > 名刺のデザイン

名刺のデザイン

名刺のデザインの画像

デザインする前に、全ての情報を入力しておくのです。情報を追加しながらデザインすると、全体像がイメージしにくくなるので、先に入力してしてください。経営者の方は名刺の重要性を知っておられる方が多く、渡す相手によって名刺を使い分けている方が多いように感じるのです。名刺で一番目立たせるのは、もちろん自分の名前です。ですから自分の名前を一番大きくして太字にしておくのです。一般的な名刺のサイズは91×55ミリで、4号と呼ばれているのです。このサイズは、1854年にフランスのデイステリという写真家が特許を取った写真付名刺のサイズに近くこれがルーツになったとの説が有るのです。

これは胸ポケットに折らずに入れられる大きさと云う事で決められたのです。文字の左端をキッチリと揃えると、それっぽく見えるのです。文字組みのデザインは、文字と文字の間隔も重要ですので、できるなら微調整しておくのです。また名刺のサイズの縦横の比率は1.654でほぼ黄金比率となっているのです。ちなみに黄金比率とは縦横の比率が約1.618で、古代ギリシア、ローマ時代から使われてきた人間が美しさを感じるバランス比率のことなのです。

デザインするのは楽しいですから、いろいろと余分な図形を書いてしまいがちなのですが、悲しいかな素人の限界というものがあるのです。欲張らず、すっきり仕上げるようにしましょう。初対面の方に対して、マナー違反をしてしまい第一印象を悪くしてしまってはもったいないのです。一度与えた第一印象は変えるのが難しいと言われているのです。よい第一印象をもってもらえるよう名刺交換について復習しておくようにしましょう。名刺作成は非常にシンプルな作業ですから、高機能なソフトは必要ないのです。

名刺に入れる文字を入力して、その文字の書体を選び、位置を調整するだけなのです。それを市販の名刺台紙に印刷すればいいのです。あらかじめ名刺入れを手元に用意しておき、すぐに名刺を取り出せるようにしておくようにしましょう。目下あるいは訪問者の方から相手に近づき、先に名刺を出すのです。インターネット上で名刺を作れるサービスが増えてきているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の印象

すでに決定された名刺をお持ちの会社でも、ワンポイント新鮮な印象を追加することが出来ると思います。平均的な文字のサイズは、氏名で18ポイント、住所・電話などが7~9ポイント、社名が12~15ポイントぐらいにすればバランスのとれたレイアウトになるのです。最近ではヨコで使用される例が多い様なのです。タテ形は一般的に会社の社長や役員の方が使用されるケースが多くあるのです。又、色のある名刺を通常使用されている場合でも、慶弔用としてタテ形で、文字は黒一色印刷したものを用意されている例も

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。