トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のデザイン > プライベートの名刺

プライベートの名刺

プライベートの名刺の画像

プライベートで使う名刺は、どんなものでも構わないと思うのですが、ビジネスで使う名刺については、名刺の印象がその後のビジネスの成果に少なからず影響すると思います。交換した名刺を後で見た時に、どんな人だったか思い出せないと、なかなか連絡が取りにくいものなのです。そんなことにならないように、センス良くて印象に残る名詞を用意しておきたいと思います。名刺を作成してから事務所が移転したり、部署の名前が変わったりするのは仕方ないことなのですが、 いただいて、すぐにメールを送ってもUser Unknownで送れなかったりすることがあるのです。

電話で連絡すると間違っているのです。ということになるのです。名刺を作る際に充分に注意する必要があるのです。どんな人にも見やすい文字の大きさであることが大切です。自分の基準で考えてしまいがちなのですが、中高年になると小さな文字は読みにくくなるものなのです。掲載する情報ですが、電話と住所だけでなく、FAX、email、携帯番号など、必要な連絡方法をすべて載せておくことをおすすめ出来るのです。

少なくともビジネスでは、お客さんが連絡しやすい環境を提供することは大切なことなのです。電話番号など、よく使う情報は特に、できるだけ大きい文字で、そしてあまり薄い色は使わず、濃い色を使うのも見やすい文字のポイントとなっているのです。薄い文字を使う場合には、大きさや太さでカバーするようにしましょう。名刺に書かれている文字の大きさを見てみると、社名と名前は少し大きく、電話番号やメールアドレスは小さく表示されていることが多いのです。

方法では連絡を取りたくないということであれば、掲載する必要はないようですが、掲載しておかないと逆に怪しいと思われる場合もあるのです。信頼感を得るためにも、できる限り掲載することをおすすめ出来るのです。もちろん、会社名や名前をアピールすることも大切ですが、お客さんが名刺を見て、連絡をくれることを想定するなら、電話番号やFAX番号、メールアドレスは大きい方が便利なはずなのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ プライベートの名刺

プライベートで使う名刺は、どんなものでも構わないと思うのですが、ビジネスで使う名刺については、名刺の印象がその後のビジネスの成果に少なからず影響すると思います。交換した名刺を後で見た時に、どんな人だったか思い出せないと、なかなか連絡が取りにくいものなのです。そんなことにならないように、センス良くて印象に残る名詞を用意しておきたいと思います。名刺を作成してから事務所が移転したり、部署の名前が変わったりするのは仕方ないことなのですが、 いただいて、すぐにメールを送ってもUser

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。