トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のマナー > 名刺の管理

名刺の管理

名刺の管理の画像

名刺交換した後に相手の名前の読み方がわからなければ、その場で尋ねるのです。名前を間違えると非常に失礼なので、お名前はどうお読みしたらよろしいですかとしっかり聞いておくようにしましょう。名刺交換する前に、まず名刺を入れておく名刺入れが必要になっているのです。名刺を財布入れやポケットから出すような行為は、名刺を粗末に扱っている印象を与えるようですので、名刺入れから出せるようにしてください。

また、枚数を切らさないように補充すること、汚い名刺は使わないこと、名刺入れは出しやすいところに入れておくことも大切なのです。通常は名刺をテーブルの上において話を進めるのですが、タイミングを見て名刺入れにしまうのです。違っても折り曲げたり、ポケットにしまう等の行為はやめるようにしましょう。名刺を分類するためには、自分がどの様にその人を思い出すかによって変わってくるのです。名前を思い出して、いつごろ会って、何をしていたひとだったかな?という風に思い出すなら、年/業種/企業名/個人名という項目で整理するのが効率的なのです。

名刺管理はこうでなければいけないというルールはないのです。自分が使いやすいように分類して管理すれば、名刺はきっと役立つツールとして生まれ変わるのでしょうか。社会人になれば名刺交換の場面が必然的に増えていくのです。いただいた名刺には相手の名前はもちろん、社名、電話番号、部署、肩書きなど大切な情報が記載されているのです。

その名刺の管理方法としては名刺フォルダーに入れてきちんと整理、管理するのが一般的です。自分にあった分類が一番といいましたが、それを考えるのも大変でしたら、会社名を50音で管理するのが最もシンプルで分かりやすいかもしれないと思います。このときもコツが必要になるのです。例えば50音順で整理するとして、名刺を入れて、新たに京都会社の名刺が増えた場合、整理が面倒になるのです。五十音別に管理する人、職種別、日付別など管理方法は人それぞれ異なるのですが、自分が管理しやすい方法が良いと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の個性

プライベートで使う場合は、自宅の住所や電話、携帯電話の番号、それにメールアドレスなどが一般的に書かれているのです。プライベートで使う名刺だからレイアウトは何でもいいと思います。、順番としては、先方がお客様の場合は、自分から言うようにしましょう。そして、上司と一緒のときは、先に自分から、次に役職が上の上司という順番で行うようにしましょう。ただし、上司が先に出したときは、臨機応変に対応するようにしましょう。人と同じ名刺じゃはつまらないのです。 名刺に求められる機能をまとめると名

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。