トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のマナー > 女性の名刺

女性の名刺

女性の名刺の画像

女性は角丸加工を施した名刺を使用する場合もあるのですが、最近ではあまり見かけないのです。自分にあった分類が一番と思うのですが、それを考えるのも大変でしたら、会社名を50音で管理するのが最もシンプルで分かりやすいかもしれないと思います。このときもコツが必要になってくるのです。紙の厚さは0.2~0.25mm位がよく使用されるのです。1990年ごろは薄い紙が流行しましたが、最近ではやや厚紙を使う会社が多くなっているのです。名刺交換をする場面は、基本的には初対面の時だと思うのです。

ビジネスにおいて第一印象はとても重要になっているのです。名刺をパソコンで管理すると、欲しい名前を一瞬で検索することができるのです。例えば表計算ソフトで作成する場合は、名前、業種、職種、勤務先、連絡先、住所、その人の資格、その人の特徴などの項目を作って作成するのです。名刺交換の基本マナーを知っておくことが、その後のコミュニケーションをスムーズにする為に役立つと思います。また、名刺は紙で出来ており、汚れたり曲がり易いので、常に綺麗なもの準備しておきたいものだと思うのです。

表計算ソフトで管理するメリットは、各項目ごとに当てはまる人を抽出することができるという点なのです。例えばMRの職種の人を調べたいときに表計算ソフトを使用すれば、MRの人を全てリストアップすることも可能となっているのです。出来るだけ自分から先に出すようにしましょう。普通は目下の者から出すのが基本ですが、現実には判断が難しいことの方が多いのではないかと思います。万が一間違っていても、好印象になることは間違いありませんので先に出すようにしましょう。

名刺交換時は名前と部署名などを伝えるのが一般的なのですが、この部署名を伝えるときに、自分はどんなことをやっているのかという内容の一言フレーズを添えるだけでも、ずいぶんと印象が異なってくるのです。渡す時の形は、名刺を両手で軽く持ち、相手から読み易い向きにして、会社名と氏名を名乗りながら、腰を軽く折って差し出すようにしましょう。万が一両者が同時に名刺を出してしまった場合は、右手で自分の名刺を渡し、左手で受け取るのも良いと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 効果的な名刺作り

名刺のセクション名は、この人はどんな専門性を持っていてどの様な話しができるのか予測するときに役立つのです。そして名刺の肩書きからこの人は決済があるかどうかもおおよそ予想できるのです。名刺はあなたや会社をアピール出来る最大の武器。工夫次第で、初対面の方と会話がはずんだり、自分の名前を覚えてもらったり、お客様を紹介してもらえたりと、ビジネスチャンスはぐっと広がるのです。一番大切なのは、あなたの業務内容が一目瞭然でわかることなのです。名刺交換する前は名刺を入れておく名刺入れが必要

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。