トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のマナー > 名刺の印象

名刺の印象

名刺の印象の画像

すでに決定された名刺をお持ちの会社でも、ワンポイント新鮮な印象を追加することが出来ると思います。平均的な文字のサイズは、氏名で18ポイント、住所・電話などが7~9ポイント、社名が12~15ポイントぐらいにすればバランスのとれたレイアウトになるのです。最近ではヨコで使用される例が多い様なのです。タテ形は一般的に会社の社長や役員の方が使用されるケースが多くあるのです。又、色のある名刺を通常使用されている場合でも、慶弔用としてタテ形で、文字は黒一色印刷したものを用意されている例もあるのです。

書体の種類によって同じ文字サイズでも、見た感じの大きさが異なるのです。この平均的な大きさを目安に、文字を大きくしたり小さくしたりすることによって、強調したい項目を作れるのです。現代のビジネスおいて、必要不可欠のツールとなっている名刺ですが、名刺にも歴史があると言われているのです。最近では統一された名刺を全社員が使用するのではなく、個人別にデザインをアレンジした名刺を持つ例が見受けられるのですが、その例の一つが、好きなカラーを選んで印刷する方法なのです。

古くは千年以上も前に、中国で姓名を記した札を政治の世界で使用していたようです。訪問先で儀礼的な形式として差し出したり、時には一言添えてメッセージカードの様に利用していたのです。その当時は紙でなく竹や木を使用していたのです。刺とはこのような名札のことなのです。 名刺の裏面の色を5~10種類程前もって決定しておき、その中から社員が自由に選択する方式を、大手の広告代理店などが採用しているのです。

個別のカラーは社員の士気向上、会社のイメージアップになり、これからの名刺のスタイルになるようでです。名札の呼び名は、名紙・名帖・名単・片子・刺・謁などが古くからあり、名刺そのものも唐の時代から使用されていた記録があるのです。通常ヨコ型名刺の場合、社名が上に書かれている例が多いのです。しかし会社の方針によっては、個人名を上に大きくデザインした方が、名刺を渡した時に効果的と判断される場合もあるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の個性

プライベートで使う場合は、自宅の住所や電話、携帯電話の番号、それにメールアドレスなどが一般的に書かれているのです。プライベートで使う名刺だからレイアウトは何でもいいと思います。、順番としては、先方がお客様の場合は、自分から言うようにしましょう。そして、上司と一緒のときは、先に自分から、次に役職が上の上司という順番で行うようにしましょう。ただし、上司が先に出したときは、臨機応変に対応するようにしましょう。人と同じ名刺じゃはつまらないのです。 名刺に求められる機能をまとめると名

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。