トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺のマナー > 名刺の渡し方

名刺の渡し方

名刺の渡し方の画像

最近では忘れられがちですが、名刺は渡すときだけではなく、受け取るときも両手でおこなうのがマナーとなっているのです。そして、受け取ったらサッと目を通すようにしましょう。もしも名前の読み方がわからない場合は、その場で聞いてしてください。アピールポイント、立場を名刺に書くということは、かなりメリットがあることだと思うのです。大企業の場合はそんなことを書かなくてもみんな知ってるということを思うかもしれないのですが、大企業の場合でもこの分野は有名だけれど、この分野はちょっと認知度が低い、といったことはあるものなのです。

デジタル印刷によって、大きく名刺の世界も様変わっているのです。インクの乾きを待つ時間が必要なくなったため、当日出荷が当たり前になりつつあるのです。いままで、特色などで印刷していたロゴやマークなども鮮やかなカラーで印刷できるようになり、デザインの自由度も格段に高まっているのです。名刺は、訪問した側か立場が低いほうから順に差し出すものとされているのです。しかし最近はそういったこだわりはなく、同時に交換する場合がほとんどとなっているのです。

役立つ名刺に欠かせない大切な機能なのです。それは、自分自身を印象づけることなのです。自分自身を印象付けるためには文字による表現だけでは足りないのです。そこで、似顔絵を入れた名刺でインパクトのある名刺を作ってみるようにしましょう。堅いイメージだった名刺の世界が、ぐーんと楽しいデザインの世界に変貌したと言えるのです。ビジネス名刺はもちろん、パーソナルな遊びの名刺も簡単に作ることができる時代になったようです。名刺を差し出すときは、本来の名刺交換のかたちと同じように、あいさつをしながら両手で名刺をもって、相手の方に差し出すのです。

このとき、名刺入れは名刺の下に重ねてもつようにしましょう。ビジネスで使う場合には、会社名、会社の住所や電話・FAX番号、それに部署や役職などを書くのです。人と人のコミュニケーションは、顔と顔とのコミュニケーションでもあるようですし、どこかで過去に一度だけ会ったことのある人を思い浮かべるとき、顔はでてきますが名前が出てこないということもあると思うのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺のサイズ

できあがった名刺を取りにいかなくてもいいことなのです。何度か作りましたが、特に気になる点はなかったのです。急がないなら、なかなか便利ですので試してみるようにしましょう。このサイズは、1854年にフランスのデイステリという写真家が特許を取った写真付名刺のサイズに近くこれがルーツになったとの説が有るのです。これは胸ポケットに折らずに入れられる大きさと云う事で決められたようです。 座ったままの名刺交換は、避けたいものなのです。名刺を渡すときは、たとえ相手が座ったままでも起立して

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。