トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の基礎知識 > 名刺のルール

名刺のルール

名刺のルールの画像

面倒な作業を防ぐためにも、台紙1枚にあの会社、いの会社というようにルールを決めておくのが楽になるのです。名刺をパソコンで管理すると、欲しい名前を一瞬で検索することができるのです。例えば表計算ソフトで作成する場合は、名前、業種、職種、勤務先、連絡先、住所、その人の資格、その人の特徴などの項目を作って作成するのです。名刺には、名刺を交換した日付、場所、用件、相手の特徴や印象などを簡単に記入しておけば、後日名刺をみることで、この名刺の人がどのような人だったがを思い出せると思います。

表計算ソフトで管理するメリットは、各項目ごとに当てはまる人を抽出することができるという点なのです。例えばMRの職種の人を調べたいときに表計算ソフトを使用すれば、MRの人を全てリストアップすることも可能となっているのです。手に対して一礼をしてから、名刺を取り出し両手で渡してから、自己紹介をします。この時に名刺は相手が読める方向に渡すのが礼儀となっているのです。お客様のところへ訪問した場合は、こちらから、上司がいる場合は上司から行い、相手が複数の場合は上役の方から行うのがルールですが、ケースバイケースで行われるのです。ぜひパソコンを使って名刺を有効活用してください。

名刺交換にもちゃんとしたマナーが存在するのです。相手に失礼のないような名刺交換のマナーを身につけておくようにしましょう。まず名刺交換ですが、基本的に目下の人から出すのが一般的となっているのです。名刺作成ソフトを使って自分で作っても、なかなか満足できず何回も作り直し、結局インクと紙のコストが両方かかったというお客様がよくいらっしゃるのです。逆に相手が目下の場合は相手の名刺を受取ってから自分の名刺を出すようにしましょう。じゃあ、お互い同格の場合はどうするのです。

その際は右手で差し出し、左手で受け取るようにしましょう。この際に遠慮しあって時間をかけるのは禁物なのです。周りの雰囲気が壊れてしまうのです。名刺の紙はバラエティに富んでいるのです。デザインに凝った名刺はデザインが映えるよう印刷適性の高い紙を選ぶのが良いと思います。訪問者が明らかに目上の人であったら訪問された側が先に名刺を差し出すようにしましょう。また名刺交換は着席していても必ず立ちあがって行うのです。右手で名刺の端を持ち、相手の胸の下あたりに差し出すのがよいと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺のデザイン

デザインする前に、全ての情報を入力しておくのです。情報を追加しながらデザインすると、全体像がイメージしにくくなるので、先に入力してしてください。経営者の方は名刺の重要性を知っておられる方が多く、渡す相手によって名刺を使い分けている方が多いように感じるのです。名刺で一番目立たせるのは、もちろん自分の名前です。ですから自分の名前を一番大きくして太字にしておくのです。一般的な名刺のサイズは91×55ミリで、4号と呼ばれているのです。このサイズは、1854年にフランスのデイステリと

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。