トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の基礎知識 > 名刺の歴史

名刺の歴史

名刺の歴史の画像

やがて西洋では、五百年前ごろから訪問時や社交界のパーティーのときなど、日常の道具として使われ始め、今日では会社員のツールとして会社名や住所・氏名などを記入してビジネスに利用されているようです。業務の内容にもよるようですが、どちらを強調するかは検討する価値があるのです。時代の流れ的には、個人名を前面に出す方向にあるのです。日本の名刺の使用量は世界一なのです。年間50億枚ともいわれ様々なデザインおよび内容で活用されているのです。この事は日本人の礼儀を重んじる習慣や、形式美を重要視する昔からの文化と関係がある様に思われているのです。

名刺の中に会社名・氏名・住所だけでなく効果的なキャッチフレーズを入れることで印象が大きく変わるのです。具体的には、会社の業務内容をはっきり記入するやり方や、方向性や他社との違い等を積極的にアピールする方法が考えられるのです。将来は、インターネットなどのコンピュータとの融合も考えられ、さらに進化していくのです。例えば紙情報だけでなくデジタルな情報として、インターネットで集中管理して電話番号や役職などの変更を、自動的に更新出来るようになるかもしれないと思います。

社長・役員など会社内で重要な役割を担っている方が、一般のデザインの名刺ではなく、ロゴマークやロゴタイプなどに金箔や型押しを施して、格調を示す例が昔からあるのです。信頼性や信用度を相手に与える効果があるようですので、積極的に使用すべきだと思うのです。又、さらに名刺が入り口となって、会社の業務内容やホームページに直接リンクして、個人情報だけでなく会社の宣伝にも利用出来る様になるかもしれないと思います。

名刺を分類するためには、自分がどの様にその人を思い出すかによって変わってくるのです。名前を思い出して、いつごろ会って、何をしていたひとだったかなという風に思い出すなら、年/業種/企業名/個人名という項目で整理するのが効率的なのです。日本では一般的に、4号と呼ばれている55mm×91mmの大きさの紙を使用しているのです。外資系の会社では欧米サイズという少し小型の51mm×89mmの大きさを使用するケースもあるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の印象

すでに決定された名刺をお持ちの会社でも、ワンポイント新鮮な印象を追加することが出来ると思います。平均的な文字のサイズは、氏名で18ポイント、住所・電話などが7~9ポイント、社名が12~15ポイントぐらいにすればバランスのとれたレイアウトになるのです。最近ではヨコで使用される例が多い様なのです。タテ形は一般的に会社の社長や役員の方が使用されるケースが多くあるのです。又、色のある名刺を通常使用されている場合でも、慶弔用としてタテ形で、文字は黒一色印刷したものを用意されている例も

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。