トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の基礎知識 > 名刺の基本

名刺の基本

名刺の基本の画像

訪問者が明らかに目上の場合には、基本マナーにのっとり、目下の訪ねられた側から名刺を差し出すようにしてください。名刺を縦使いにし、文字を横書きにするレイアウトもあるのですが、この場合名刺の短い幅の方を使うことになり、長いメールアドレスなどを入れようとするとすごく小さな文字を使わなければ入らなくなるのです。すごく読みにくくなるようですので、あまりお薦めできないのです。差し出す際は、相手が読めるように名刺を相手側の向きにして右手で持ち、左手を軽く添えるのです。社名や氏名を名乗りながら差し出すのがよいと思います。

逆に自分の方から切り上げたいときは、自分から名刺をしまってテーブルの上にある名刺を、名刺入れに入れるよう引き寄せる事で、合図にする事が出来るのです。言葉でさえぎらず、動きでその場の流れを変えるようにしましょう。一番多く使われていてよく見かけるのが、4号名刺と呼ばれている55ミリX91ミリサイズの名刺なのです。パソコン用プリンターで印刷できるA4の用紙に10面付けされている名刺は、一般的にはこのサイズなのです。名刺の受け方の基本は、左手で受けて右手を添えるのです。

その際、相手の名前に指がかからないように注意するようにしましょう。あわせてちょうだいいたしますやいただきますなど、お礼を一言述べて一礼するようにしましょう。女性の方、特にスナックのママさんなどが使っている小さい名刺、これは49ミリX85ミリの3号名刺なのです。名刺交換から出来る限り時間が経過していないうちにしておくようにしましょう。また、この業種別分類を続けていくと、自分自身の人脈傾向を知る事が出来るのです。

3号名刺は角が丸くなっている3号カド丸名刺の需要が多いようです。名前の読み方がわからない場合は、必ずその場で聞くようにしましょう。名刺交換のあと、受け取った名刺をテーブルの上に置いたまま話しをすすめることがよくあるのです。外国で使われる大きさで3号と4号の中間の大きさで欧米サイズとよばれるちょっと細身サイズの名刺もあるのです。この名刺は美容室やアパレル関係などちょっとおしゃれなお店の方が好んで使う傾向にあるのです。名前を覚えたらタイミングを見計らって名刺入にしまうのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の個性

プライベートで使う場合は、自宅の住所や電話、携帯電話の番号、それにメールアドレスなどが一般的に書かれているのです。プライベートで使う名刺だからレイアウトは何でもいいと思います。、順番としては、先方がお客様の場合は、自分から言うようにしましょう。そして、上司と一緒のときは、先に自分から、次に役職が上の上司という順番で行うようにしましょう。ただし、上司が先に出したときは、臨機応変に対応するようにしましょう。人と同じ名刺じゃはつまらないのです。 名刺に求められる機能をまとめると名

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。