トップ 名刺ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

名刺ナビ名刺の基礎知識 > 名刺の個性

名刺の個性

名刺の個性の画像

プライベートで使う場合は、自宅の住所や電話、携帯電話の番号、それにメールアドレスなどが一般的に書かれているのです。プライベートで使う名刺だからレイアウトは何でもいいと思います。、順番としては、先方がお客様の場合は、自分から言うようにしましょう。そして、上司と一緒のときは、先に自分から、次に役職が上の上司という順番で行うようにしましょう。ただし、上司が先に出したときは、臨機応変に対応するようにしましょう。人と同じ名刺じゃはつまらないのです。

名刺に求められる機能をまとめると名前や連絡先が正しく、不足なく、相手に伝わること、自分のビジネスを教え、関心をもってもらえること、自分自身を印象づけられることとなるのです。確かにどのようなレイアウトでも問題はないのです。しかし、名刺を受け取った人が読みづらいと感じるレイアウトは避けた方がいいと思うのです。名刺をお渡しするということは、相手様に初めて印象を与えることなのです。良い印象と同時に、覚えてもらうことが大切になっているのです。

名前や場所はもちろん、印象に残る名刺として、こだわりの部分を表現することも大切なのです。名刺が歴史上最も古くから使用されていた中国と言われているのです。紀元前2世紀頃、漢帝国を建立した劉邦がまだ出世する前に、初めて名刺を使ったとされているのです。領主のものとにお客さまが来た時、劉邦はただでお酒を頂こうと屋敷に向かったのです。特にビジネスで使うならある程度オーソドックスなレイアウトにしてください。それではオーソドックスなレイアウトとはどのようなものなのでしょう。よく使う、または使ってほしい連絡方法を強調しよう。

単調に表しても、どこが大切なのかわかりにくいものなのです。すぐに気づいてもらえることが、相手様にとっても親切な気配りとなるのです。全くお金を持っていないのに、謁に政治献金の金額を書き込み、取り次いでもらいました。この時のお客さまが呂后で、劉邦を一目見て長女を嫁に与えているのです。基本的なパターンはヨコ型とタテ型で以下のようなレイアウトになっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


名刺ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 名刺の渡し方

最近では忘れられがちですが、名刺は渡すときだけではなく、受け取るときも両手でおこなうのがマナーとなっているのです。そして、受け取ったらサッと目を通すようにしましょう。もしも名前の読み方がわからない場合は、その場で聞いてしてください。アピールポイント、立場を名刺に書くということは、かなりメリットがあることだと思うのです。大企業の場合はそんなことを書かなくてもみんな知ってるということを思うかもしれないのですが、大企業の場合でもこの分野は有名だけれど、この分野はちょっと認知度が低

名刺ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。